過去の勉強会・資料スライド等

九州医事研究会・長崎県医事研究会 合同開催

——————————————————-

2016~ 講演スライド(2016年以降は会員限定です。) 会員専用ページメーリングリストにて

2015~ 2015年以降のスライド置き場
・New icd 11 codes for 2018~ (ICD-11最新情報 2018年までのスケジュール)
・DPC制度の現状とH28・H30改定の方向性(調整係数廃止後のDPC)
・臨床評価指標(クリニカルインディケーター)最新情報2015
など

≪資料の引用記事等≫

地域包括ケア病棟データ

・日本慢性期医療協会 武久会長 (P18-24)・(P15
・日本慢性期医療協会 池端副会長 (P27
・地域包括ケア病棟協会 仲井会長 (P29
・全国自治体病院協議会 邉見会長 (P19)・議事録

兵庫県立大学大学院経営研究科 地域包括ケア病棟入院料の現状と将来像〜最大で最強の地域包括ケア病棟〜
備後病院マネジメントセミナー 2015年度前半期コース案内.pdf
電子カルテって誰のもの? もう一度考えてみた:オルタナティブ・ブログ

2014~ 2014.5.31勉強会開催 九州医事研究会・長崎県医事研究会 平成26年 診療報酬改定勉強会 スライドH26.5.31(土)

2014.3.21勉強会開催 平成26年度診療報酬改定勉強会(DPC制度関連部分)

2012~ 2012.10.20-21 DPCⅡ群分析やGIS分析の重要性 / ICD・DPCコーディング知識の重要性

2012.6.23-24勉強会開催 臨床評価指標勉強会(クリニカルインディケーター) これまでの国内の取り組みと今後の動向 スライド

2010~ 2010.6.26勉強会開催 DPC病院の産学間民連携 - 先進的DPCデータマネジメント(データマイニング実践) スライド

これまでの活動や紹介文はこちらをご覧ください →   九州医事研紹介PDF / 過去の勉強会ページ

———————————-

≪病院経営対策シリーズ 最近の配信≫
院長・事務長が絶対に押さえるべき病院経営対策シリーズ

 

———————————-

 

2013.12.15追記;医事業務フェイスブックページより抜粋です。詳細はサイト先情報を閲覧ください。

2013.12.7勉強会開催 下記内容

20131215

医事業務 – いよいよ九州医事研究会がスタートしました! 会場は150名の参加者でぎっしりです。… |まず、トップバッターは、高崎健康福祉大学の木村さん。テーマは「病院全体で考える診療報酬改定の対策」です。 Facebook
https://www.facebook.com/sanro.ijigyoumu/posts/206545979531617
https://www.facebook.com/photo.php?fbid=206545706198311&
https://www.facebook.com/photo.php?fbid=206545659531649&
https://www.facebook.com/photo.php?fbid=206545659531649&
https://www.facebook.com/photo.php?fbid=206545682864980&

医事業務 – 県外事例発表のトップバッターは、苫小牧市立病院の小林さん。 おなじみのPreziでプレゼンです。… | Facebook
https://www.facebook.com/sanro.ijigyoumu/posts/206555346197347

———————-
タイトル: 九州医事研究会(改) 作成者: Yasunori Kobayashi
http://prezi.com/-ikh9v3hyjwu/presentation/
———————-

続いて県外事例発表②は、牧田総合病院の田中範彦さん。事務員の使命って? 事務の病棟配置
医事業務 – 携帯アップロード | Facebook
https://www.facebook.com/photo.php?fbid=206556716197210&

県外事例発表も最後になりました。群馬県にある善衆会病院の舘野さん。
医事業務 – 携帯アップロード | Facebook
https://www.facebook.com/photo.php?fbid=206558726197009&

今回の研究会では影の立役者、市立大村市民病院の福田さん。
医事業務 – 携帯アップロード | Facebook
https://www.facebook.com/photo.php?fbid=206561972863351&

いよいよ九州医事研究会、病院事務職マネジメント研修会〜2014年度診療報酬改定の予測と事務職員の実践事例〜は最後の講演になりました。製鉄記念八幡病院の石飛さん
未収金回収を医事課全体で考える
医事業務 – 携帯アップロード | Facebook
https://www.facebook.com/photo.php?fbid=206562779529937&

昨日は製鉄記念八幡病院で研修会を開催し、その後、病院見学をさせていただきました。
まず、気になったのがスタッフの胸についてるバッジです。
医事業務 – 携帯アップロード | Facebook
https://www.facebook.com/photo.php?fbid=206745056178376&

患者さんと1対1の受付。
そして、患者さんの人数に合わせて受付、会計を変化させています。
https://www.facebook.com/sanro.ijigyoumu/posts/206745859511629

こちらのリーフレットも、非常にたくさんの種類がありました。
全種類いただきましたが、見学者の皆さんも、一部ずつ持って行かれました(^^)
https://www.facebook.com/sanro.ijigyoumu/posts/206746619511553

会計待ち時間は、なぞなぞ付の番号札で緩和。さらに、当日の患者数を把握し、会計に何時ごろくるかを日々予測して、混雑する時間帯に事務職を手厚く配置。とにかく、石飛課長の気配りがスゴイです。
https://www.facebook.com/sanro.ijigyoumu/posts/206746199511595

院内の工夫は、いろいろありましたが、こうした細かいところも、さすがだなと思いました。
https://www.facebook.com/photo.php?fbid=206746669511548&

*

*

*

////////////////////////////////////////////////

(終了いたしました。ご参加ありがとうございました。)

////////////////////////////////////////////////

(転送転載歓迎)

九州医事研究会 病院事務職マネジメント研修会
~2014年度診療報酬改定の予測と事務職員の実践事例~
https://kanrisi.files.wordpress.com/2013/10/ijiken2013.pdf

日時:2013年12月7日(土)
場所:製鉄記念八幡病院 講堂
http://www.ns.yawata-mhp.or.jp/header_sub/koutsu.html
定員:150名
会費:1名につき2,000円
受付:12:30

司会 市立大村市民病院 医事課長 福田行弘 氏

13:00~13:05 開会 あいさつ(5分)
13:05~14:05 講演1(60分)
病院全体で考える診療報酬改定の対策
高崎健康福祉大学 健康福祉学部 医療福祉情報学科 准教授 木村憲洋 氏
14:05~14:10 休憩(5分)

14:10~14:30 県外事例発表①(20分)
医事課から仕掛ける院内MISSION
医事課全員で取り組むPDCA×F
苫小牧市立病院 医事課 情報管理係長 小林泰賀 氏(北海道)

14:30~14:50 県外事例発表②(20分)
事務員の使命って? 事務の病棟配置
医療法人財団仁医会 牧田総合病院 医事部係長 田中範彦 氏(東京都)

14:50~15:10 県外事例発表③(20分)
事務職員がかかわる看護師の採用
医療法人社団善衆会 善衆会病院 事務部課長 舘野晃一郎 氏(群馬県)

15:10~15:15 休憩(5分)

15:15~16:15 講演2(60分)
未収金回収を医事課全体で考える
製鉄記念八幡病院 医事課長 石飛隆敏 氏

16:15~16:25 全体の質疑応答(10分)
16:25~16:30 閉会あいさつ(5分)
17:30頃      懇親会(希望者のみ)

【申込書】
PDF
https://kanrisi.files.wordpress.com/2013/10/ijiken2013.pdf
ワード
https://kanrisi.files.wordpress.com/2013/10/q_ijiken20131207.docx
https://kanrisi.files.wordpress.com/2013/10/q_ijiken20131207.doc

【申込先】 (〆切 2013.12.5まで)
主催:九州医事研究会 事務局 福田
・メール申し込み(氏名・所属・部署・役職名・メールアドレス※・懇親会参加有無の記入必要)
kanrishi@hotmail.com
・FAX申し込み(上記申込書の2枚目をFAX)
0957-52-7608

※メールアドレスからの御申し込み、またはFAXにメールアドレスのご記入のある場合、お申込み後3日以内に受付完了メールを送信しますので、もし来ない場合は事務局にお問い合わせください。

////////////////////////////////////////

≪講師 関連情報≫

////////////////////////////////////////

■高崎健康福祉大学 健康福祉学部 医療福祉情報学科 准教授 木村憲洋 氏
・健康福祉学部 医療福祉情報学科
http://www.takasaki-u.ac.jp/dept/joho/teacher/details.php?C=1012
・「チームで対応するための診療報酬改定セミナー
急性期病床を考える必要がある2014年診療報酬改定」
2014年2月21日(金) 午後1時~5時
http://www.ssk21.co.jp/seminar/re_S_14004.html

////////////////////////////////////////

■苫小牧市立病院 医事課 情報管理係長 小林泰賀 氏(北海道)
P3 視点 病院機能別から見た現場担当者の対策 急性期DPC
P5 診療報酬改定から3カ月… 追跡! 主要改定項目の現場運用と検証 外来部門での取り組み事例
P15 「VOICE」 平成24年度 診療報酬改定の動向を読み解くヒント
http://www.e-sanro.net/sri/books/pdf/con-ijigyoumu-2012.pdf
P16 医事課から仕掛ける院内Mission 看護部の力を借りて考える在宅材料
http://www.e-sanro.net/sri/books/pdf/con-ijigyoumu-2011.pdf

////////////////////////////////////////

■医療法人財団仁医会 牧田総合病院 医事部係長 田中範彦 氏(東京都)
P10 全国医事研究会 急性期/出来高② 報告者
http://www.e-sanro.net/sri/books/pdf/con-ijigyoumu-2012.pdf
P4 200床以上ケアミックス 目指すは“保険請求の達人
http://www.e-sanro.net/sri/books/pdf/con-ijigyoumu-2011.pdf
・「事務職員のメンタルサポートセンター」シリーズ
https://kanrisi.wordpress.com/2013/05/22/
・AMG医師事務作業補助者研修講師
http://www.achs.jp/career_support/files/h25_ishijimu_kensyu.pdf

////////////////////////////////////////

■医療法人社団善衆会 善衆会病院 事務部課長 舘野晃一郎(社会福祉士) 氏(群馬県)
P4 診療報酬改定から3カ月… 追跡! 主要改定項目の現場運用と検証 外来部門での取り組み事例
http://www.e-sanro.net/sri/books/pdf/con-ijigyoumu-2012.pdf
P2 外部業者との交渉術 事務職だからできる 目に見えないムダの削減
P6 災害対策本部を設置 情報の一元化と医事課の対応
P11 群馬県医事研究会 報告 ~クレーム対応~
http://www.e-sanro.net/sri/books/pdf/con-ijigyoumu-2011.pdf

////////////////////////////////////////

■製鉄記念八幡病院 医事課長 石飛隆敏 氏
・厚生労働省 未収金対策検討会 製鉄記念八幡病院医事課「鉄取隊」
http://www.mhlw.go.jp/shingi/2008/04/dl/s0423-9c.pdf
・第5回医療機関の未収金問題に関する検討会議事次第
http://www.mhlw.go.jp/shingi/2008/04/s0423-9.html
「未収金、未然防止・回収実践事例集」医療経営情報研究所・編
http://www.e-sanro.net/sri/books/syoin/syj15/syj15_62.html

////////////////////////////////////////

////////////////////////////////////////

全国医事研究会全国大会 2013年10月25日号
http://archive.mag2.com/0001588268/index.html

↓ ↓ ↓ ↓ ↓

・九州医事研究会 2013年10月19日(土)→ 終了
https://kanrisi.files.wordpress.com/2013/07/h26kaitei.pdf
・医事ワールドカフェin沖縄 2013年10月18日(金)→ 終了
https://kanrisi.files.wordpress.com/2013/08/20131018.pdf
・全国医事研究会全国大会 2013年10月25日(金)→ 終了
https://kanrisi.files.wordpress.com/2013/08/20131025.pdf
・医事業務全国セミナーin中部(名古屋) 2013年11月22日(金)
https://kanrisi.files.wordpress.com/2013/08/20131122.pdf
・病院事務職マネジメント研修会(北九州) 2013年12月7日(土)
https://kanrisi.files.wordpress.com/2013/10/q_ijiken20131207.pdf

////////////////////////////////////////
////////////////////////////////////////
九州医事研 前回勉強会資料PDFとスライド P193(43MB) ※画像中心のため大容量です。
「現段階のH26年診療報酬改定内容(主に内保連の要望案について)」
https://kanrisi.files.wordpress.com/2013/07/h26kaitei.pdf
https://kanrisi.files.wordpress.com/2013/07/h26kaitei.pptx
H25.10.23一部内容更新
https://kanrisi.wordpress.com/2013/07/28/h26kaiteian/
H26.3.9 DPC勉強会
https://kanrisi.files.wordpress.com/2014/03/h260321kyushuijiken.pptx

医療事務担当者のためのデータマイニング入門~DPCデータが教えてくれること~
http://goo.gl/8ZJln6
「単なる請求事務から、病院マネジメントへの深化が求められている」

今後のDPC担当者の役割
https://kanrisi.wordpress.com/2013/02/18/innovation/
DPC病院の産学間民連携 - 先進的DPCデータマネジメント(データマイニング実践)
https://kanrisi.files.wordpress.com/2012/12/dpc_innova.pptx

出来る人材の確保 人材格差が病院格差
https://kanrisi.files.wordpress.com/2014/01/iji2014.pdf
・医事課職員サービス業務10則
・医事課職員の業務行動規範10則

DPCⅡ群分析やGIS分析の重要性
自院分析の重要性。DPC調査班が行うDPCセミナーでGIS分析の講演が頻繁に行われる理由を考える。医療計画におけるポジショニング。DPCデータを活用した内部・外部環境分析。DPCプロジェクトの目的は情報の標準化と透明化(透明化された情報に基づいて医療の評価が可能となった)⇒DPCデータを用いることで、急性期入院の現状のマクロ・ミクロレベルの分析が行えるようになった。評価の基本は各施設が作成する「情報」・・・診療情報管理体制の質、情報を活用する能力が最も試されている。情報を管理する担当者次第で病院格差が生じる時代。
https://kanrisi.files.wordpress.com/2012/12/dpc2gun1.pdf
https://kanrisi.files.wordpress.com/2012/12/dpc2gun2.pptx

ICD・DPCコーディング知識の重要性
https://kanrisi.files.wordpress.com/2013/07/gis.pptx
DPCデータを利用した地域医療分析・・・GIS講演が多く占める
(Geographic InformaTon System)
・DPCデータを用いた地域医療の評価
・地域医療と連携の可視化

新しい病院経営への取り組み TDABC/ABMの病院経営
TDABC/ABM(RVU・UVAなど時間ベースの配賦を総称するマネジメント)
DPC病院の医薬品・材料・保守コスト削減戦略 共同購入実施(GPO・GPA)
https://kanrisi.files.wordpress.com/2014/04/tdabc_abm.pdf

診療行為単位の収支シミュレーション(クリニカルパス・シミュレーション)
https://kanrisi.files.wordpress.com/2014/04/mercury.pdf

患者ポータル・PHR活用など患者の介入が始まった影響でますます患者・医療機関・保険者の双方間のバリューの共有が促進されている。地域包括ケアシステムがIHN(統合ヘルスケアネットワーク)型となるのか、長崎県のようなあじさいネット型の地域医療ネットワーク型となるのか、どのような地域医療マネジメントスタイルとなるのかが試されている。

将来のDPC/PDPSを見据えて適切なコーディングの体制づくりと検証
http://www.e-sanro.net/iryo/i_books/i_iji/h20130715/
第二弾 DPCデータを活用したコストマネジメント
事例3 DPCデータを利活用した病院原価計算から共同購入(GPA)実施まで
~病院経営を可視化させる原価計算ソフトMercury(マーキュリー)の導入~

改善プロセスの「光速の寄せ」が実現
診療行為別原価計算「Mercury」で診療内容に直結した経営改善
https://kanrisi.wordpress.com/2013/01/21/mercury/

高度な地理情報GIS分析 カナダCHIMA活動 世界も同じ取り組み

Population Health and Geographic Information Systems (GIS)
https://www.echima.ca/advance-your-career-in-population-health

DPCの次に来る「Population Health」とは何か―規制改革会議
https://kanrisi.wordpress.com/2013/05/11/population-health/

————-

フェイスブック

「九州医事研究会」参加のお誘い
blog https://kanrisi.wordpress.com/about/

http://wp.me/P2Xv05-Bc

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中