院長・事務長が絶対に押さえるべき病院経営対策シリーズ

メルマガH28.11までまとめ

◆主な診療報酬等の算定相関図を理解する。「医事課が主導するHROマネジメント」・・・届出状況の把握は各医療機関との連携・地域包括ケアシステム構築のために必要な作業。地域医療構想。限りある医療資源の適正配分・連携強化。
院長・事務長が絶対に押さえるべき病院経営対策シリーズ58)  NEW!!

◆保健所の立ち入り検査 ガバナンス項目強化や電子カルテ管理の充実促す
院長・事務長が絶対に押さえるべき病院経営対策シリーズ57

◆DPC機能評価係数Ⅱ内示 各係数への報酬配分(重み付け)の等分・標準化を理解する
係数増減に一喜一憂 各係数項目の評価に割り当てる報酬額(財源)は等分へ
院長・事務長が絶対に押さえるべき病院経営対策シリーズ56

◆2016年度決算売上高1位は日赤1兆1,736億円 黒字病院をキャッチアップし、必要な取り組みを自院経営に活かす
各都道府県売上高TOP20法人中、東京・長野が半数赤字
各都道府県売上高TOP3全て赤字は東京・神奈川・高知
院長・事務長が絶対に押さえるべき病院経営対策シリーズ55

◆年々厳しさを増す保険医療機関等への指導・監査等。
個別指導よりも適時調査による自主返還金が多くなっている。
院長・事務長が絶対に押さえるべき病院経営対策シリーズ54

◆健康寿命の延伸、医療費の削減 「官民データ活用推進基本法」
「重複検査・投薬の抑制」、「医療費の適正化」、「社会全体の健康寿命の延伸」
院長・事務長が絶対に押さえるべき病院経営対策シリーズ53

◆医療機関への労基署監査が強化 電子カルテのアクセスログが重要
ブラック病院は退場に 「いきいき働く医療機関サポートWeb(いきサポ)」の活用
病院幹部等の労務管理手法として、定期的に電子カルテログをチェックが必要
院長・事務長が絶対に押さえるべき病院経営対策シリーズ52

◆H28年度(2016) 施設基準等のポイント
全職種が必見必読内容。とくに看護部門は熟読必要。
入院基本料で過去に返還金となった施設基準(PDF24~など)
・施設基準等のポイント(病院用・医科診療所用・歯科用・保険薬局用)
・診療報酬における施設基準の届出及び留意点について(病院用)
院長・事務長が絶対に押さえるべき病院経営対策シリーズ51

◆人財型病院経営「人材格差が病院格差」 貞観政要から学ぶ病院経営 継続性(守成)の難しさ
組織の成長はTOP(経営幹部達)の器量を上回らない
院長・事務長が絶対に押さえるべき病院経営対策シリーズ50

◆ヒトの配置で点数がとれるものを改定毎に適正化・シミュレーション
とくに病院にとって最大の収入源である入院基本料。これが遅れると1月あたり数百万円~数千万円の差が生じる。年間で数千万円~数億円。毎改定後の病院経営の善し悪しは医事課との風通しが良い病院とそうでない病院の差
院長・事務長が絶対に押さえるべき病院経営対策シリーズ49

◆国立病院機構H27決算から見る医事関連データ
査定率が高いところは医事委託費比率と経常利益に高い相関
ただし、収入が上がれば各勘定科目の比率も変わってくるので入院収入が本当に現状で適正かどうかの確認が必要。
院長・事務長が絶対に押さえるべき病院経営対策シリーズ48

◆回復期リハビリテーション病棟入院料における「実績指数等」に係る報告書まとめ
病床稼働率を優先させて「実績指数」要件がクリア出来ない場合の対策。二律背反の二つの命題をクリアさせるには
院長・事務長が絶対に押さえるべき病院経営対策シリーズ47

◆経過措置後の目標設定等支援・管理料を算定しないことで90/100減算
リハ専門病院またはDPC病院等ケアミックス型でリハスタッフが多い施設は「リ減」対策をしないと10%減の診療報酬で大打撃
院長・事務長が絶対に押さえるべき病院経営対策シリーズ46

◆新病院建設(移転)関連の届出確認表・・・根拠法令・規定等の施行令規則も掲載の提出先一覧まとめ
医療法、医師法、健康保険法、建築基準法、消防法、労働基準法など、約90法令に関する届出対応表
民間病院や自治体病院(地方公営企業法全適、地方独立行政法人化、指定管理者制度導入)の場合の届出の役割分担。風通しよく連携。
院長・事務長が絶対に押さえるべき病院経営対策シリーズ45

◆2極化が進む病院経営 その要因は
院長・事務長が絶対に押さえるべき病院経営対策シリーズ44

◆7対1病院の在宅復帰率80%クリア対策
院長・事務長が絶対に押さえるべき病院経営対策シリーズ43

◆国立病院機構143施設、JCHO57施設 経営戦略研究
院長・事務長が絶対に押さえるべき病院経営対策シリーズ42

◆臨床研修マッチング結果 DPCデータから人気病院の傾向分析
院長・事務長が絶対に押さえるべき病院経営対策シリーズ41

◆勝ち組グループ病院の経営戦略から学ぶ
院長・事務長が絶対に押さえるべき病院経営対策シリーズ40

◆第7次改正医療法 ガバナンスに関する改正規定の確認や地域医療連携推進法人制度の理解
院長・事務長が絶対に押さえるべき病院経営対策シリーズ39

◆個別指導対象になる平均点数を把握する
院長・事務長が絶対に押さえるべき病院経営対策シリーズ38

◆病院経営H27年度決算報告続々 各病院グループの経営改善対策を紹介
院長・事務長が絶対に押さえるべき病院経営対策シリーズ37

◆個別指導適時調査指摘事項(特定共同指導)等 まとめH27最新版 DPCアップコーディング指摘始まる
院長・事務長が絶対に押さえるべき病院経営対策シリーズ36

◆「病院情報の公表」0.05点加算(加点) 係数0.0004相当(推測)への対策
院長・事務長が絶対に押さえるべき病院経営対策シリーズ35

◆地域包括ケアシステム時代のソーシャルインパクトボンド対策
院長・事務長が絶対に押さえるべき病院経営対策シリーズ34

◆地域包括ケアシステム時代の医療介護福祉シェアリングエコノミー
院長・事務長が絶対に押さえるべき病院経営対策シリーズ33

◆改定毎、不明な点は迅速に地方厚生局へ質問票を送付→本省とりまとめ疑義解釈その○○掲載の流れを知る
院長・事務長が絶対に押さえるべき病院経営対策シリーズ32

◆Hファイル(看護必要度)・持参薬データ提出やFIM得点データ収集の新制度を理解する
院長・事務長が絶対に押さえるべき病院経営対策シリーズ31

◆改定シミュレーション 点数表・薬価・償還材料 新旧比較の迅速な実施で現状を把握する
院長・事務長が絶対に押さえるべき病院経営対策シリーズ30
医薬品・特定器材の薬価・価格差は医薬材購入契約交渉で重要な情報になるため、速やかに総務・経理等へ報告することも重要
(会員用)H28年度DPCシミュレーション結果 新DPC点数で入院報酬がどう変わる?
「1分で出来るH28年度DPCシミュレーション」    2/19厚労省返却データから自動変換シミュレーションファイル提供

◆時間外選定療養費TOP27病院 個室料TOP10病院 ベッド料金(特室)再考する
院長・事務長が絶対に押さえるべき病院経営対策シリーズ29

◆H27電子カルテ導入率 約41.4%(一般病院)300床以上70%超 自院の電子化は大丈夫!?
院長・事務長が絶対に押さえるべき病院経営対策シリーズ28

◆患者別 外来・入院診療密度(単価)の把握
院長・事務長が絶対に押さえるべき病院経営対策シリーズ27
(関連)「5分で出来るシミュレーションシリーズ」九州医事研究会
【入院診療密度(単価)分析】 5分で出来る地域包括ケア病棟転換シミュレーション
【外来診療密度(単価)分析】 5分で出来る外来診療の逆紹介シミュレーション

※DPC調査の参加要件として、DPCデータ提出担当2名の登録が必ず必要です。
この5分シリーズのテキストファイル概要が良く理解できない場合は、登録している2名に詳細を聞く、またはデータ作成の指示を出されると確実にデータが生成できます。

◆医療機関の「経営革新等支援機関」の活用
院長・事務長が絶対に押さえるべき病院経営対策シリーズ26

◆病院幹部が知っておくべき8つの医療IT用語
院長・事務長が絶対に押さえるべき病院経営対策シリーズ25

◆病院の経営力ランキング(日経ビジネス)への対応
院長・事務長が絶対に押さえるべき病院経営対策シリーズ24

◆モバイルフレンドリー対策で病院収入を上げる
院長・事務長が絶対に押さえるべき病院経営対策シリーズ23

◆消費税10%時代の病院経営対策(基金対策)
院長・事務長が絶対に押さえるべき病院経営対策シリーズ22

◆第三者評価の国際化(JCI)を理解する 政府が進めるヘルスツーリズム 訪日外国人向け医療機関320病院
院長・事務長が絶対に押さえるべき病院経営対策シリーズ21

◆時間(活動)ベースの配賦基準(TDABC/ABM)病院原価計算
院長・事務長が絶対に押さえるべき病院経営対策シリーズ20

◆日本版P4P(ペイフォーパフォーマンス)に備える  病院指標と臨床指標対策
院長・事務長が絶対に押さえるべき病院経営対策シリーズ19

◆チーム医療関連の診療報酬の考察 チーム医療関連15項目のH26算定状況
院長・事務長が絶対に押さえるべき病院経営対策シリーズ18

◆DPC請求の査定(減点返戻等)対策
院長・事務長が絶対に押さえるべき病院経営対策シリーズ17

◆パワハラの半数は上司と部下とのコミュ不足 人事労務管理マネジメント 管理職は情報誌「産業保健21」必読推奨
役職者は「挨拶、声かけ、聴く、つなぐ」を意識して部下へ接する 3日、3週間、3カ月後を目安に声かけ
院長・事務長が絶対に押さえるべき病院経営対策シリーズ16

◆電気料金値上げに対する医療機関の対策方法
院長・事務長が絶対に押さえるべき病院経営対策シリーズ15

◆医療の産学官民連携(病院幹部や診療情報管理士・DPC担当者の役割とは)
院長・事務長が絶対に押さえるべき病院経営対策シリーズ14

◆専門職のパーソナルヘルスレコードへの関与情報 / DPC・経営関連情報
院長・事務長が絶対に押さえるべき病院経営対策シリーズ13

◆医療系SNSグループに入りアンテナ高く情報収集、情報共有へ
院長・事務長が絶対に押さえるべき病院経営対策シリーズ12

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

◆医薬品診療材料・医療機器マネジメント SPD 管理・共同購入 GPO(Group Purchasing Organization)のやり方 DPCデータを活用した医薬品材料・医療機器購買、保守管理費等、事業費用(コスト)マネジメント方法
院長・事務長が絶対に押さえるべき病院経営対策シリーズ7

◆損益分析 事業収益・事業費用マネジメント 勘定科目ベースのベンチマーク分析と科別・医師別・DPC 別・ICD 別原価計算分析 DPC診療行為別原価計算実施後の病院経営マネジメント方法‏ 医師・看護師人事評価制度導入によるモチベーション向上
院長・事務長が絶対に押さえるべき病院経営対策シリーズ6

◆社会保障・税一体改革大綱「チーム医療」 DPCデータをベースとした経営改善方法 「労働分配率」指標のマネジメント
院長・事務長が絶対に押さえるべき病院経営対策シリーズ3

◆保険医療機関としての責務 DPC 病院 全国平均 1 日あたり単価 5 万円突入 ~ 個別指導の選定基準「 e(高点数保険医療機関)」対策・監査(Audit)体制づくりの重要性 。査定対策・症状詳記の書き方など。
院長・事務長が絶対に押さえるべき病院経営対策シリーズ1

旧バージョン

●院長・事務長が絶対に押さえるべき病院経営対策⑧ – 事業費用 経費削減の徹底 とくにバカにならない水道光熱費の管理方法
●院長・事務長が絶対に押さえるべき病院経営対策⑦ – 医薬品診療材料・医療機器マネジメント SPD 管理・共同購入 GPO(Group Purchasing Organization)のやり方
●院長・事務長が絶対に押さえるべき病院経営対策⑥ – 損益分析 事業収益・事業費用マネジメント
●院長・事務長が絶対に押さえるべき病院経営対策⑥ – 二次医療圏内でHROマネジメント
●院長・事務長が絶対に押さえるべき病院経営対策⑤ – 病院経営の根幹は「医師対策」・人材(財)格差が病院格差→人事労務マネジメントの重要性
●院長・事務長が絶対に押さえるべき病院経営対策④ – DPC 病院「Ⅱ群分析」→機能分化促進
●院長・事務長が絶対に押さえるべき病院経営対策② – 知らないでは済まされないICD/DPC コーディング知識
●院長・事務長が絶対に押さえるべき病院経営対策① – 保険医療機関としての責務

申込用紙にシリーズ1から一部を掲載していますが、リンク先が切れているなど、中間も抜け落ちていますので、データを整理して再掲載したいと思います。

 

 

このページの短縮アドレス

http://wp.me/s2Xv05-keiei

九州医事研究会へ参加するには

http://wp.me/P2Xv05-2

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中