DPCデータをベースとした経営改善方法 「労働分配率」指標のマネジメント

2016年 18th IFHIMA国際大会の日本(東京)開催が決定!

①H28年(2016)第42回日本診療情報管理学会と併行して東京開催とするか、
②WHO-FICネットワーク東京会議予定週(10月第2週目前後)にIFHIMA国際大会と第42回日本診療情報管理学会を開催して、より多くの参加者が集えるようにするのか、で検討されているようです。

//////////////////////////////////////////////////////////

カナダCHIMAと共催した今回のIFHIMAではAHIMA4代前からの歴代TOPがカナダ入り→発表と圧巻です。

情報管理の世界最先端の専門家集団AHIMA
そのAHIMAとの関係を強化し戦略を見習う韓国。

2004年ワシントン(DC) AHIMA・IFHRO合同開催。2000年AHIMA会長が現在のIFHIMA会長。
http://archive.mag2.com/0000101789/20021205160000001.html
AHIMA会員10年で19,000人増(2003年48,000人 → 2013年67,000人)
http://archive.mag2.com/0000101789/20030911060000001.html
米国では、経営に携わる人材育成や下記修士号の取得などを積極的に行われている。
http://archive.mag2.com/0000101789/20050314020000000.html
MHCM Master of Health Care Management
MPH-HCM Mster of Public Health in Health Care Management
MS-HCM Master of Science in Health Care Management
MHA Master of HealthCare administration
MMM Master of Medical Management   など。

韓国HIM組織 Korean Medical Record Association (KMRA)
http://www.kmra.or.kr/
WHO-FIC発表資料より
http://www.whofic-apn.com/pdf_files/05_03Ok-Nam.pdf
★「KMRA and AHIMA(U.S.A) signed MOU on RHIA and RHIT curriculum in 2010.」が重要コメント。
3年前にAHIMA歴代会長のお二人(Rita Bowen and Bonnie Cassidy)を招いてKMRAとAHIMAはRHIA・RHITの教育カリキュラム連携済み。HIM学校卒業後に次のステップアップが実現。結語ではEMR・EHRシステムを熟知したknowledge managerを目指されていますが、AHIMAキャリアマップChief Knowledge Officer (CKO)と合致。
https://kanrisi.wordpress.com/2013/01/25/careerstep/

世界各国HIMにはeHealth教育が実施。さらに医療経営分析・マネジメントにも拡大中。

日本もAHIMAキャリアマップツールなどを参考にしたアクションが必要。
また日本の得意分野をさらに伸ばす。DPCデータマネジメント!

//////////////////////////////////////////////////////////

≪DPCデータをベースとした経営改善の実践者≫
求められるmHealthコーディネーター役からデータ分析(アナリスト)まで
日本で進んでいるDPCデータをベースとした経営改善の実践活動(診療情報管理士等)

病院経営を左右する診療情報管理士の存在
http://archive.mag2.com/0000101789/20021227030000000.html

「医業利益率」は「平均在院日数」や「実働病床数」などの経営指標とは関連が薄い。
病院経営で収益性を左右する指標は「労働分配率」!!
http://archive.mag2.com/0000101789/20021221030000000.html
→①チーム医療の推進(改定毎に項目増)
→②EC/CS(職員満足度・患者満足度の実施)
→③TDABC/ABM(DPC時間稼働型活動基準原価計算分析の実施)

医療は労働集約型産業-労務管理の徹底(生産性を高める)こそが収益増に直結する。
→①チーム医療の推進(改定毎に項目増)
H22 8項目
H24 15項目
H26 21項目?
(参考)平成24年度改定に係る要望書(チーム医療推進協議会)
http://www.team-med.jp/userfiles/file/imageH23%209%2028.pdf

※(詳細は九州医事研究会「病院経営マネジメント分科会(通称 病院経営分科会)」にて)

>●院長・事務長が絶対に押さえるべき病院経営対策③ – 社会保障・税一体改革大綱「チーム医療」
>【チーム医療】平成24年度診療報酬改定に関する要望書(各専門職活動まとめ)

→②EC/CS(職員満足度・患者満足度の実施)
診療情報管理士業務指針
https://kanrisi.wordpress.com/2013/03/13/jhim2/
3)医療の指標化・可視化への対応
「患者満足度」や「Quality of Life」の観点からの評価指標

→③TDABC/ABM(DPC時間稼働型活動基準原価計算分析の実施)

https://kanrisi.wordpress.com/?s=TDABC
上記、全てDPCデータをベースとした分析が可能。

DPCの目的の再確認

>DPCの目的の再確認(松田先生スライド)
https://kanrisi.files.wordpress.com/2013/04/dpc20130126.jpg

DPC20130126

DPCデータを利用してさまざまな病院マネジメント改革を実施。

DPC疾患別平均在院日数情報からの病院選び
http://archive.mag2.com/0000101789/20040713040000000.html

DPC臨床指標2003
(構造評価指標・プロセス指標・成果指標・警鐘事例指標・アメニティー指標・利用度指標・外部認証指標・患者情報管理指標・研究機能指標・教育機能指標・機能分化に関する調査指標
http://archive.mag2.com/0000101789/20040902010000000.html

ドイツの医療機関におけるDRG導入について
http://archive.mag2.com/0000101789/20021215030000000.html

米国における病院機能評価(JC)の際の診療録調査内容の一例
http://archive.mag2.com/0000101789/20021228030000000.html
JCAHO(後のJC)のカルテ管理基準(外部からの監視)
http://archive.mag2.com/0000101789/20030104030000000.html

日本の医療訴訟の一般的な流れ
http://archive.mag2.com/0000101789/20030102030000000.html
医療訴訟の流れ ~医療従事者が把握しておく仕組みと対応策~
https://kanrisi.files.wordpress.com/2013/04/iji20010315.jpg
診療録管理体制加算の3つの意義 患者が納得する開示方法
https://kanrisi.files.wordpress.com/2013/04/iji20010201.jpg

DPCデータを医療経営学MBA・MHAとして研究(医療経営に関する情報まとめ)

・ケースウェスタンリザーブMHA最新経営学・実践手法をご紹介しています。 http://www.freeml.com/mba/d?sid=3dc922b5166b47d07365495dc29c219b

/////////////////////////////////////////

★九州医事研究会の管轄FaceBookグループへの参加可能
・FaceBook 医療MBA・MHAの情報並びに「医療経営・病院経営」に関するグループです。
https://www.facebook.com/groups/mbamha/
・FaceBook DPC/PDPS(Diagnosis Procedure Combination/Per-Diem Payment System)に関するグループです。
https://www.facebook.com/groups/dpc.pdps/

/////////////////////////////////////////

国立等10病院DRG試行より先に開始された事業に関与していた面々が経営分析のノウハウ伝授 → 九州医事研究会です!

17病院DRG事業 日本臨床外科学会雑誌(1999年)
「外科領域へのDRG/PPS導入の是非」
https://www.jstage.jst.go.jp/article/ringe1998/60/3/60_3_579/_pdf

病院経営のための歴史講座・・・(2)DPCの歴史
http://theedge.exblog.jp/11290833/
1998年「米国における疾病分類(DRG)の妥当性に関する研究」
急性期17病院で第1回ベンチマーク事業を開始

/////////////////////////////////////////

病院マネジメント改革 → 医療HROマネジメント改革 → 地域保健医療全体のマネジメント改革へ

ICD-11とSNOMED-CT・・・DPCデータ活用事例–臨床指標と医療オントロジーによる産学官民連携の姿

http://ameblo.jp/mm-office/entry-10197677879.html
>医事課のミッションも「点数の翻訳」ということで事務所の奥で夜遅くまでオタク的にレセプトを点検する「作業的業務」から自院DPCデータを活用した「創造的業務」へ変わりつつある。それは「翻訳」ではなく自院にあった「言語」を作り出す業務になる。

DPCデータベースを用いた臨床疫学研究

-Disease epidemiology (疾病の疫学)
-Medical treatment effectiveness (治療効果)
-Quality of care (医療の質)
-Access to care (医療へのアクセス)
-Disparity of health services utilization (医療格差)
-Diffusion of medical technology (技術伝播)
-Impact of health policy changes (政策評価)

産学官民連携 | PHR(Personal Health Record)Workshop
https://kanrisi.wordpress.com/category/産学官民連携/

コメント1件

  1. ピンバック: DPC病院マネジメント改革(収入管理・支出管理・品質管理・診療最適化意思決定支援) | PHR(Personal Health Record)Workshop
  2. ピンバック: 日本ユーザビリティ医療情報化推進協議会(JUMP)発足、医療版マイナンバー実現へ | PHR(Personal Health Record)Workshop
  3. ピンバック: 医療オントロジーから臓器別の自動画像検索システムを構築 / 米国医療情報学会誌 | PHR(Personal Health Record)Workshop

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中